Date

めぐみ助産院 助産師寺田恵子 福岡県

めぐみ助産院は助産師寺田恵子が福岡県柳川市で開業しています。
Breast Cancer Ribbon

BSケア窓口を求めて下さるお母様方へ

posted by:
kanrisya

新型コロナウィルスの感染者報告があるたびに不安な毎日の中におられる事でしょう。
母乳育児支援の窓口も不足しておりお困りの事と思います。
そのような中で、大変心苦しいのですが、当分の間の方針を
お知らせ致します。(5/6までの方針)

乳房ケアや授乳支援におきましては、密接した場面が避けられない状況です。
換気や消毒などの感染予防対策を施したとしても、
お母様と赤ちゃんへの感染の可能性は避けられないと考えます。

地域によっても感染者数のバラ付きが大きい現状ですが、
政府の緊急事態宣言は全国に出されたことから、
どの地域においてもリスク回避はできないと考えます。

よって、しばらくの間、お母様と赤ちゃんを感染から守るために、
助産院でのケアを自粛するべきであると判断致しました。
訪問希望の場合も、類似する状況下にあります事をご理解下さい。

窓口が無くなる事でお困りになるお母様方がおられる事は推察できます。
今後は電話相談やオンラインに切り替えて対応させて頂きます。
(ただし、電話相談は充分な情報を得られないために、限界がありますことはご承知おき下さい)

電話相談対応時間: 9時から17時
専用電話: 090-1340-8916
(留守録の場合は必ず伝言をお願いします)

しかしながらこの状況下でも、直接的なケアを必要とする場合もあります。
その場合には、以下の点を確認させて頂き来所して頂く場合もございます。
当助産師の状況下においてお受けできない場合もありますので、双方の条件と致しました。

1.お母様、助産師共に
①37.5°以上の熱が無いこと。
②2週間以内において、発熱、咳やかぜの症状、味覚の異常が無いこと
③来所時には、充分な手洗い、手指消毒、マスクを必ず着用すること
(マスクはご持参下さい。消毒液は常備しています)
④新型コロナウィルス感染者と濃厚接触の可能性がないこと

2.助産師は
①ケア時使い捨て手袋を使用します
②ガウンやそれに代わる物を着用します
③リネン類は他の方と共有しないために、お母様ご自身でバスタオル2枚と、フェイスタオルを5枚お持ち下さい
④ケア中は換気を継続します
⑤来所者が代わるたびに充分な換気をします
⑥他の来所者と出会さないようにケア時間に余裕を持つようにします
⑦沢山のお話しをしたいのですが、会話は最小限とさせていただきます
(心苦しいのですが、唾液が飛ぶのを避けるためです。申し訳ありません)

3.お母様は
①乳腺炎で発熱されている場合
乳腺炎と思われる熱であっても、内科や産科医を先に受診し、乳腺炎の確定診断を受けてきて下さい
②熱の原因が不確定の間は、申し訳ありませんが、お受けできません
お胸のしこり、発赤、痛みなどがあるか教えてください(鏡でお胸を確認してからご連絡下さい)
③赤ちゃんの同伴はできるだけご遠慮下さい。赤ちゃん以外のお子様やご家族の同伴はお断りします
④ 感染者が多数出ている地域から里帰りされている方で、2週間以上経過していない場合はお受けできません
                                 以上

新型コロナウィルスの感染が一日でも早く収束する事を心より願っております
尚、情報は随時更新して参ります。
お母様と赤ちゃん、そしてご家族のご健康を心よりお祈り致しております。

Leave a Reply